« にょにょのためには | トップページ | はなちん元気です »

2019年3月31日 (日)

はなちん

長い間更新が出来ませんでした。

というのも、はなちんが脳腫瘍の疑いがある事が分かりました。

でも、今は症状は落ち着いています。

どういう経過があったか、まとめておきます。

 

まず、3月から新しい仕事が始まり、しばらく週5勤務に。

毎日の通勤も慣れてきたかなと思い始めたホワイトデーの晩、残業で21時位に自宅に帰ったらいつも迎えに来るはなちんが居ない。いつも居るリビングにも居ない。

おかしいなーって思いながらにょにょを撫でながら寝室に行ったらベッドの横ではなちんがうずくまってました。

意識はあって、私が駆け寄ると、私の顔を見て聞いた事のない弱々しい声ではなちんが「にゃあ…。」と。その周りはおしっこも。

綺麗好きなはなちんは、おしっこしたらすぐ離れるので、あり得ない状況とすぐわかりました。

 

私がはなちんを持ち上げて、立たそうとしても、足に力が入らないみたいで、立てません。

かかりつけは夜間もやってるので、大丈夫と思って、電話したらその日に限って、休診との事。

電話に出た人(おそらく看護士さん)に「ミテクレナインデスカ…。」と、泣きそうになってると、救急でやってる動物病院を二つ紹介してくれました。

落ち着いている時は、どっちが遠いかすぐわかるのに、動転してしまい、とりあえず先にかけた方が、たまたま近くて、ほんと良かった。電話に出た先生がとにかく冷静で、静かに状況を聞かれて、私も落ち着いてきました。

とりあえず連れて来て下さいという事でタクシーを呼び、向かいました。

 

救急病院は私以外誰も患者さんがおらず、直ぐに見てくれました。やっぱり病院でも立てずに、そして少し痙攣っぽく手足も動き。

「脳に何か問題があるかもしれない。」

という事でした。「危険な状況だから、今晩はずっとそばにいて、痙攣が起こらないか見ておいてください。そして明朝、かかりつけでみてもらってください。」と言われ、痙攣を止める薬などの応急処置をして下さり、家に帰ってからも、痙攣が起きたら、行う痙攣止めの薬のやり方などの指導を受けて、家は帰りました。

 

普段は寝室のテリトリーのにょにょとベッドで寝てるのですが、その日はリビングに布団をひき、はなちんの横で、痙攣が分かるように、手を握って寝ました。が、はなちんも疲れたみたいでよく眠り、私も寝ちゃいましたが、いつも朝ごはんと起こしに来るはなちんが起こしませんでした。。

 

そして、朝イチでお世話になり始めたばっかりの仕事場に休む電話をした後に、かかりつけの動物病院に電話すると、

「昨夜の電話の事、聞いてます!今すぐ連れて来て下さい!」と言う事で、病院へ。

半日、はなちんを預けて精密検査をしてもらいました。

 

夕方に迎えに行ったところ、脳腫瘍か、脳炎の疑いがあるという事で、それを調べるにが全身麻酔でMRIをしなければならない。でも、はなちんの年齢を考えると、全身麻酔もリスクがある。どうします?と聞かれました。「先生ならどうします?」と聞くと、MRIで脳腫瘍が分かっても、手術するのも年齢的にリスクがある。そうなるとどっちにしても投薬治療になるから、投薬治療かなー。と仰ったので、「じゃ、私もそうします。」とお願いしました。あと、ショックだったのが、はなちんは、その脳腫瘍などの影響でほとんど目が見えていなかったようです。

だから、トイレ失敗してたんですね。良く考えたら、昔は窓の側に行って、鳥を見て話しかけてたものでした。。。気づいてあげられなくて、ごめん。

 

その日からステロイドの投薬が始まったのですが、その精密検査が終わって、家に帰ってから、はなちんが立ち上がるし、足元おぼつかないながらも歩くのです!あと、食欲!今回の発作以前と同様の食欲。おぼつかない足取りでも、ご飯が分かると歩くのです!さすが私の娘!食いしん坊!にょにょの食べる分も横取る勢いです。

それからも薬が効いてるのか、歩くし、上に登ろうとするし、前に戻るまではいかないものの、元気にご飯を食ています。

 

ただ、上に登ろうとして、落っこちるので、先生に私のいない時はケージに入れた方がいい。とアドバイスを受けて、ケージも購入しました。そして、夜は今もリビングに布団を敷いてはなちんと寝ています。

 

一緒に寝てるはなちんは以前に比べると、朝ごはんのおねだりもせず、ずっと私の横で朝まで大人しく寝ています。それは病気のせいかもしれないです…。あと、ケージはすごく気に入ったようで、私が居るとき、ケージを開けっ放しにしても、ケージで寝ています。

Mvimg_20190327_212155

ここ私ん家。

 

そして、ウンチをするタイミングの時にケージに入れておくと、ケージ内がくちゃくちゃになってしまうので今日先生に相談したところ、なるべく上に上がるスペースを無くして、ケージ開けっ放しでもいいかも。と許可をもらいました。とはいえ、やっぱり不在時は怖いので、ウンチがたまってない時はケージに入れようと思ってます。

 

そんなこんなの日々でした。。。

 

年齢的にある程度、覚悟はしていたものの、やっぱり慌てたし、動転しました。

病気を嘆いても、しょうがないから、うまく共存出来たらいいな。

わがままを言わせてもらうと、、、もう少し、はなちんと一緒に居たいです。でもはなちんが辛くないようにと思ってます。

 

はなちんがハッピーな日々が長く続きますように。。。

神さま、どうぞよろしくお願いいたします。

 

|

« にょにょのためには | トップページ | はなちん元気です »

コメント

最近ココログのサイトが以前のように見られなくて、久しぶりにアクセスできました。心配ですね。私も同じ経験があります。薬が早く効いて安定してくれるといいですね。元気玉送ります❗

投稿: ☆おまじない☆ | 2019年4月 3日 (水) 11:08

ありがとうございます!元気玉通じたかもです!

投稿: みろく | 2019年4月20日 (土) 13:45

穏やかに過ごせます様に・・・。

こういう時会話が出来れば良いのにと強く思いますね。

投稿: ぱく | 2019年4月20日 (土) 23:31

ありがとうございます。ほんとに、会話してみたいですねー。
幸せなのかなぁ。。。。

投稿: みろく | 2019年4月30日 (火) 20:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« にょにょのためには | トップページ | はなちん元気です »